今朝の夢2020年04月02日

今朝の夢、
会社で、室長補佐から、偉いさんが海外で買ったものを会社に寄贈してくれたのだけど、壊れている部分があって直して欲しいと。
本物は博物館に展示されている、ヨーロッパの王侯貴族の師弟が遊んだという、博物学的なジオラマの様なもので、そのレプリカは朴の木の様な柔らかい木製の人物や動物だ。
何でも、会社の超偉いさんが来所するので、見せたいそうで、早速修理に取り掛かる。
動かすことが出来、外れてしまっているものや、壊れたものは、寄贈者自身が薄い真鍮や銅の板を切って修理したりした跡がある。
嵌めたら簡単に動くものがあったが、部品を作らないと駄目なものがあり、オリジナルがわからないと難しいものもある。
鳥が二羽止まっている部分の一方が外れてしまい、どれを取り付けるがわからないところでは、台座に学名がうっすら書いてある。最初見当でメンフクロウかなと思ったが、学名を読むと、Tyto albaではなく、Corvus coroneと書いてある。あれ?何だっけ?と悩むところで目が覚めた。
わからないのが悔しいので、枕元で充電していたiPadでググってみて、「あ、ハシボソガラスだった!」と分かって、また寝た。(^_^;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://luke.asablo.jp/blog/2020/04/02/9274828/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。